運 賃

Freight

下記の「運賃」ならびにその他「輸出手続き等の各種取扱い費用」は、掲載の「お引き受け条件」により貨物予約取扱窓口(BOOKING AGENT)にて承ります。なお「お引き受け条件」は原則的なものであり、詳細は貨物予約取扱窓口(BOOKING AGENT)に都度ご確認ください。

運 賃

■1.00㎥(CBM※1)につき6,000円の海上運賃を申し受けます。
≪運賃は、容積重量(縦×横×高さ)=㎥(CBM※1)による算出を基本としております。ただし、1.00㎥に満たない貨物は、1.00㎥とさせていただきます。≫

算出例
1.25㎥の場合(小数点第2位までで算出。それ以下は切り捨て。)
6,000円(単価)×1.25㎥(容積重量)=7,500円

用語解説
※1 CBM=Cubic Meterの略。立法メートルの英語表記のこと。

■別途、稚内港における本船への積載、沿岸荷役費用として、1.00㎥につき、1,000円をお支払いください。
 ただし、ヘビーカーゴの場合は、上記沿岸荷役費用の適用外となります。ご不明の際はお問い合わせください。

■冷凍・冷蔵貨物輸送(リーファ―輸送)をご希望の方は別途お問い合わせください。

■注意
 食品輸出を行う際、サハリン側は食品衛生上、木製パレットの使用を認めておりません。プラスチックパレットを使用する
ようお願いいたします。なお、数に限りがございますが、中古プラスチックパレットをご用意しております。ご利用の際はお問い合 わせください。

運賃以外の想定される輸出手続料金について

1. 稚内港保税倉庫一時使用・入出庫基本料
2. 通関料(大額扱として)
3. 通関業務取扱料
4. SWB作成料
5. 植物等輸出検査申請料
6. 税関検査立会作業料
7. 植防検査立会作業料
8. プラスチックパレット使用料@3,000円/枚(1枚使用を想定)
9. 沿岸荷役料 1,000円/m3
10. その他

お引き受け条件

1. 輸出申告に必要な書面をお客様にてお手配頂きます。輸出貿易管理令等には充分ご注意下さい。
2. 稚内港での貨物の受託は輸出申告及び輸送に耐え得る程度の手入れがなされれている状態でのお引き受けとさせて頂きます。
3. 稚内港での保税蔵置場への貨物の搬入及び弊社への関係書類のご提出は船積日の5日前午前中迄(土曜日・日曜日・祝祭日・慣習による休日を除く)にお願いいたします。これを過ぎる場合には船積みに間に合わない場合があります。貨物の指定蔵置場搬入締切は原則、運航スケジュールに記載の締切日となります。
4. 1申告は税表分類上3品目以内の金額とします。以降5品目ごとに輸出申告料¥5,000を加算してご請求いたします。
5. 貨物のお取り扱いには細心の注意を払いますが、貨物事故等については一切の責任を負いかねます。
6. お客様にて事前に求償権放棄特約付損害賠償責任保険へご加入ください。
7. 上記以外の作業が発生した場合には実費をご請求させて頂きます。
8. 貨物に対するコルサコフ港での影響(船卸や通関の不許可等)については弊社では責任を負いかねます。梱包に関しましては、プラスチックパレット1枚を想定しております。その他実費がかかる場合は別途ご請求いたします。
9. 万一、貨物が仕向港よりシップバックされた場合には別途料金が発生いたします。なお、法令の規定により、本邦に再輸入できない場合がありますので十分ご注意ください。
10. 貨物の容積はパレット枚数1枚をもとに見積もりしております。実際の請求は実容積にてご請求いたします。
11. 税関検査があった場合は立会作業料として別途10,000円(課税対象、税抜価格)を申し受けます。